第116章 水中で100%電離するいえる物質ex:NaC

第116章 水中で100%電離するいえる物質ex:NaC。H2S。溶解度の定義ついて 水中で100%電離するいえる物質(ex:NaCl)の溶解度、?水中で電離たNaCl?であるの明らか 一方、水中で電離平衡ある物質の溶解度、指すのでょうか 例えば、{H2S?(H+)+(HS )}対て、?硫化水素の溶解度?の量指すのか 電離せずいる[H2S]の最大値か 電離た[H+]の最大値か 、水中入った全硫化水素(H2Sのまま存在するの、電離たのの合計)か 回答よろくお願います電解質と非電解質の違い。溶質が。水に溶けてイオンになる現象電離やイオンになる物質電解質。
ならない物質非電解質について確認していきます。溶解と電離の違いは。
溶解が単に溶けることを意味するのに対して。電離は溶解後にイオンに分離する
ことを意味するところにあります。 溶解と例としては。塩化ナトリウム
や塩化水素などがあります。塩化水素は。水に溶かすと
陽イオンである水素イオン+と陰イオンである塩化物イオン-に電離し
ます。

第116章。NaCl固 + aq ? Na+aq + Cl-aqある電解質を構成する
イオンと同じ種類のイオン共通イオンを生じる別の電解質を加えると,もと
の電解質の電離度や理科年表によると,塩化銀の溶解度は20℃で0.
000155100gの飽和溶液中に存在する各物質の質量〔g〕となっ
ています。

H2S の溶解度 真の溶解度:S° とは 飽和した状態での [H2S] ト云える。S° は 強酸性条件 に於いて H2S がどの程度溶けるかを表しているとも云えるだらう。理論的には塩基性にする程 H2S は多く溶ける。質量作用則:[H^+][HS^-]/[H2S]=K1、[H^+][S^2-]/[HS^-]=K2飽和した状態では [H2S]=S° ゆえ [HS^-]=K1*S°/[H^+]、[S^2-]=K1K2*S°/[H^+]^2 ト表せる。H2S の 見掛けの溶解度 を sM トすれば [H2S]+[HS^-]+[S^2-]=s ゆえ、S°+K1*S°/[H^+]+K1K2*S°/[H^+]^2=sS°*[H^+]^2+K1[H^+]+K1K2/[H^+]^2=s見掛けの溶解度:s=S°*[H^+]^2+K1[H^+]+K1K2/[H^+]^2S° は温度が一定であらば定数、s を pH に就いて微分すると、ds/dpH=ln10*S°*K1*[H^+]+2K2/[H^+]^2>0、単調増加pH の増加に伴い見掛けの溶解度 s も増加する事が分かる。水中に入った全硫化水素H2Sのまま存在するものと、電離したものの合計です。

  • 手取り月25万 その半月分位の月収にしかならない予定なん
  • 数学検索アプリ こちらの問題の解き方を教えてください
  • 自動改札機 もし改札にこの3枚を同時に入れた場合問題なく
  • Windows 自分はパソコン初心者でノートパソコンにW
  • アルトサックス アルトサックスでこの音が出る指を教えてく
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *
    *