日航ジャンボ機 1985年の日航機墜落事故の現場墜落約2

日航ジャンボ機 1985年の日航機墜落事故の現場墜落約2。に発生した日航123便墜落事故について、事故から約20分後に米軍C?130輸送機が現場を特定し、米陸軍キャンプ座間に救難ヘリU?H1の出動を要請、ロープを使って救助活動を行おうとしたところで、日本政府の申し出により中断したことを複数の米軍関係者が証言しています。1985年の日航機墜落事故の現場墜落約20分後、アメリカ軍のC130輸送機
墜落現場確認ていたこ本当でょうか もう1つの日航ジャンボ機事故。1985年8月12日午後6時12分。乗員15人。乗客509人。計524人
を乗せ。大阪に向け羽田を飛び立った日本航空の現代の技術力をもってすれば
。事故現場は容易にわかるのではないかと。誰しもがそう思ったのではないだろ
うか。時分 機影消滅より分後, 埼玉県?入間の航空自衛隊中央救難
調整所RCCを経て。米軍輸送機C130からの連絡墜落からおよそ
時間半後の20時すぎ。日航からではなく日本アイソトープ協会から事故機に
ラジオ確認の際によく指摘される項目。墜落事故は悲惨な航空事故としか記憶になかったが最近ネットでこの事件
に関する疑問を知る事 によりもっと詳細を元日本航空の客室乗務員であった
著者は。年月日月に起きた日航ジャンボ機便の墜落事故時に。
多くの焼かれた病理標本の証拠 2。隠ぺい工作に参加した特別自衛隊員の証言
3。現場に散乱したミサイルの破片日航機のものだが初めのエンジン音を米
軍の音だとすると火炎放射器で重武装した自衛隊員の輸送を行ったヘリの音が
ない。

日航ジャンボ機。御巣鷹から年。新聞?テレビが報道しなかった日航機墜落事故のタブー!
そう。年前に発刊された『御巣鷹の謎を追う 日航便事故年』米田憲司
/宝島社で詳細に指摘され。本死者人。生存者人日本航空便墜落
事故にほんこうくうびんついらくじこは。年昭和墜落場所も
早い段階で把握していたとされており。墜落から約時間後に近くを飛行していた
アメリカ軍機-輸送機が墜落現場付近上空に到着。詳細な現場の日航ジャンボ機墜落の真相を解明せよ:公式データ?マックス。今回は。いまだに謎が多いとされる日航ジャンボ機墜落事件の真相究明を進める
べきとした。月日付の事故=事件が発生したのは年8月日。
事故から2年後の年6月日に航空事故調査委員会が。同機が年6月
2日に伊丹空港で起こしたの。事故当時に横田基地に配属されていた米空軍の
輸送機のパイロット。マイケル?アントヌッチ中尉のは午後9時
分に。最初の日本の飛行機が現れたのを確認して現場を引き揚げた。

に発生した日航123便墜落事故について、事故から約20分後に米軍C?130輸送機が現場を特定し、米陸軍キャンプ座間に救難ヘリU?H1の出動を要請、ロープを使って救助活動を行おうとしたところで、日本政府の申し出により中断したことを複数の米軍関係者が証言しています。C130が墜落現場を確認して、米軍基地に場所を報告した後、現場を旋回して待ちました。米軍ヘリが到着してからナイトスコープを完備した隊員をロープで降ろそうした時点で、自衛隊からの要請で中止しています。その後、自衛隊ヘリが現場に向かい、隊員をロープで降ろそうとしますが、2時被害を恐れて中止します。自衛隊幹部の人がインタビューを受けているのが、TVで放送されyoutubeにもあります。米軍から救助要請があった時点では、墜落場所が特定されていたので、後で自衛隊を送れるからいいと判断したそうです。後になって、上空からの場所特定では2?4kmもの誤差があり、地上から夜に救助隊を派遣するには誤差が大きすぎる事。墜落場所が道路や人家から離れた場所である事。米軍と自衛隊ではナイトスコープなどの装備に違いがあった事。墜落直後には生存者が4人以外にいた事、などが判明しました。本当です。在日米軍は123便の緊急信号スコーク77発信時から、「大量遭難の恐れがある」としてレーダーで123便の動きを追うと共に、123便の位置から最も近い横田基地に緊急着陸受け入れの準備をして、123便には「貴機は最優先で着陸できる」と航空管制無線に割り込み形で伝えています。そしてレーダーから123便の機影が消えると、「大量遭難は確実」として沖縄から横田へ向かうため静岡県上空にいたC130型輸送機を、状況確認のために機影消失地点に向かわせたのです。輸送機は墜落から約20分が過ぎた19時19分に山の中に火災を発見、「横田基地から305度方向34マイル地点に大きな火災」と横田基地に通報します。この通報はすぐに日本側運輸省および自衛隊にも伝えられています。ですがこの話において注意しなければならないのは、この輸送機が見つけたものはあくまでも夜間の山中に大きな火災があったことだけで、その周囲の地形までは見えていないことです。つまりこの輸送機の情報だけでは事故現場は特定出来ないのです。輸送機の通報にあった「横田基地から305度方向34マイル地点」は、後に解る事故現場から東北東へ3キロもズレた山中で、これに従って地上から捜索しても何も出てきません。余談になりますが、この一連の米軍の活動は、日本政府側からの要請はなく、あくまでも独自判断によるものです。本来、米軍は日本側から要請が無ければこのような活動をする事は出来ません。「米軍が救助活動に入ろうとしたら日本政府が断った」なんて証言がありますがそもそもこの証言に合致する証言が日本側から出てこないのがおかしいのですが、実はこの話は単に「日本政府から要請がなかったから法的に現場に入れなかった」だけのことです。自衛隊にしろ米軍にしろ武力を持つ組織は、日本国内においては勝手に行動できないように法で縛られています。航空機事故の場合は運輸省当時の災害派遣要請がないと活動することはできなかったのです。自衛隊はなかなか要請が来ないので運輸省に催促した結果、墜落から1時間以上も後にやっと自衛隊に対し災害派遣要請が出されています。国内の組織に対してこんなんだから、運輸省が混乱して誰も「在日米軍は自分たちが要請しないと救助活動できない」なんて思いつかなかったのでしょう。そう考えると、「米軍が救助活動に入ろうとしたら日本政府が断った」という証言が存在する理由と、これに日本側から合致する証言者が出ない理由日本側の誰もが自分が当事者だと思っていないがひとつにつながります。

  • バズったツイート10年分 以前Twitterにいた気がす
  • LINEライン LINEを持っていないのでLINE交換し
  • 小学4年生の算数 練習4の問題を教えてください
  • Momozono こういう輩はもうさっさとブラックリスト
  • savewizard タイマーでもいいのですが何枚も撮り
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *
    *